読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみーごblog

思ったことを書いてます!

恐れを越えて

美大

<タグ付けに思うこと>

投稿を広く拡散させるために

僕もよく

お客さんからタグ付けされるけど

かけ出しの事業者の人は

誰かのブランドに頼ることをやめて

自分自身の力を信じ抜いたとき

本当に売れ始めると思う。

(もうすでに売れてる人は

掛け算になるから相乗効果でるけど)

「自分のくいぶちは

自分で稼ぐ」っていう覚悟が

できてないと

なにをやっても中途半端で終わる。

認知度のために

影響力のある人を

タグ付けばっかしても

すぐ飽きられるんよ。

すべては

エネルギーだ。

稼げるようになるか?

それは

「自分を生きている」と

他の誰でもない

自分自身が思えているか?

に比例する。

自分の望みを

しっかりと叶えているか?

自分の存在価値を

どれだけ確信しているか?

と比例する。

自分が自分を1と思えていないなら

どれだけコラボして

掛け算してもうまくいかないんだ。

(0.9×0.9は

ちょいさがるでしょ?)

本当に

自分のサービスに

確信はあるか?

本気でお客さんを

感動させる自信はあるか?

愛と豊かさを

分かち合える確信はあるか?

恐れを超えて

自分の心を開いているか?

何を言われても

堂々としてられるか?

どんなことがあっても

目の前の人と分かりあうと決めているか?

世界は

自分の愛せていないところを

的確についてきてくれるw

それを

自分自身が愛せるようになるために。

やりたいことを

やりたい価格で。

それが

事業の一番シンプルなかたちだ。

やりたい価格っていうのは

妥協なく

遠慮なく

「このままの自分で、愛してください」

と言えるかどうか?

それを貫けるかどうか?

が試されている。

それは恋愛にも同じことが言える。

本当に好きな人に

「このままの私を、愛してください」

そういうのは

とても怖いけど

それが叶った瞬間

心からの感謝が生まれる。

人に愛してくださいと言うなら

何よりもまず

自分が

自分自身を

愛してあげるだけなんだ。

「こんなこと言ったら

嫌われるんじゃないか?」

その恐れを

何度も何度も超えて

ただ

愚直に

自分の望みを

叶えていくだけなんだ。

他の誰かじゃなく

自分自身の望みを

最優先させて

貫いたとき

僕らは

自分の存在価値を

信じられるようになっていく。

「自分という名前が職業になっていく」

「自分ブラント」

っていうのは

ただそれだけが

問われているだけなんだ。

さて

「自分はどうしたい?」