あみーごblog

思ったことを書いてます!

サービス

美大

<価格の決め方>

みんな

これが

マジでヘッタクソだからw

(まあ、過去の僕もだけどw)

極意を

シェアしとく。

ビジネスは

ちょーシンプルに言うと

「やりたいことを

やりたい価格で

やるだけ」なんだ。

まず

やりたいことを

妥協なく

描くことから始めればいい。

それを想像したら

自分の心は踊るか?

考えただけで

心が軽くなるか?

魂が震えるほど

喜ぶか?

そして

その喜びを

感動を

みんなと分かち合えるとしたら

どれだけの価値がある?

どれだけの金額がほしい?

それをまた

妥協なく

遠慮なく描くんだ。

でもお客さん来るか心配で・・・

ちょっと安くしたほうが・・・

失敗したら恥ずかしいし・・・

もうね

うるさい!!w

おまいら

なんのために生きてんだ!

自分のほしいものを

妥協なく

ほしいと言える人生を

歩みたいんじゃないのか!

それを生き様で魅せるのが

仕事じゃないのか!

金額上げて

お客さん来なかったら怖い?

何言ってんだバカちんが!w

ほしい金額を言えずに

妥協して安くして

お客さん来ないのが

一番ダサいわ!w

自分なめんな!

お客さんなめんな!

自分の生き方に

矛盾があったら

お客さんそりゃ来ねえわ!w

自分が人生かけて

生み出した最高の商品なら

本当に受けたい人は

どんだけ高くても

お金なんて用意するわ!

お客さんを見くびってんのは

自分自身だぞ!

「いくら払ってもいいから

このサービスを受けたい!」

そう思わせる作品を創らないで

何が事業者だ!

俺たちは

「アーティスト」なんだ。

アーティストってのは

自分の生み出したものに

命を宿らせる人のことをいうんだ。

事業者と

お客さん

お互いが

心を重ねたとき

その空間に

その時間に

新しい

命が宿るんだ。

それが

ともに創造するということだ。

共創ということの本質だ。

自分の魂を

人々の魂を

世界の魂を

震わせるほどの

最高の商品を

生み出していこうぜ。

その基準でサービスを創ったら

価格なんて

いくらでもつけられんだろ。