読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみーごblog

思ったことを書いてます!

童貞、そして、童貞卒業、その後、風俗中毒。

童貞って男にとったらめちゃくちゃ大きな課題だと思うんだけど。

僕の場合はほんとにでかかった。

就職活動の時大阪にいくから、

そこで絶対に童貞を捨てようと思った。

ネットで検索して、店の場所印刷して

富田新地にいった。

富田新地っていうのは、有名な風俗街。

はじめての風俗だし、

童貞っていうだけで、めちゃくちゃ自信なかったし、

店に入るまで1時間以上うろうろして、やっと入ったら、

お母さんくらいの人とすることになった。

ここに入れるんか。

入った。

あ。

こんなもんか。

でも、遂に童貞すてれた!!!

超涙。

それだけで嬉しかったし、相手なんて本当にだれでもよかった。

おばちゃんでもお母さんでも、女性だったら本気でだれでもよかった。

それくらい悩んでたし、苦しかったし、もだえくるしんでたなぁ。。。

富田新地からの帰りの電車の風景はめっちゃ覚えてる。

多分わすれることはないんじゃないか。

こころの中でガッツポーズしてた。

本当にほっとしてたな、あの時は。

21歳の時だった。

それから無事就職したのはいいけど、

女性がずっとずっと苦手だった。

可愛い女の子とむちゃくちゃ話したかったのに。

毎日考えてしまうような大好きなことができても

ただ見てるだけ。

もう、胸がしめつけられる。

楽しそうに笑う顔。

ぼくではなくて、ぼくではないスタッフと楽しそうに話す顔。

苦しいね。

話そう

話そう。

話そう!!

話そうとするけど、

口まで言葉は出てるけど、声にはできない。

今もあまり変わらないかな。

ちょっとはましになれたんか??

女性が大好きなのに、話せない。

きょどる自分を見られたくない。

しどろもどろの自分を見られたくない。

そればっか。

で、はまっていく風俗。

やっと。

なんで使命が見つからないのか。

そんなのは超超簡単なことだった。

自分を全否定していた。

見事に。

見事なまでに全否定していた。

超わらえるわマジで。(笑)

 

 

 

自分を全否定して、

なんで僕が命を懸けてやれることをみつけられるの???

なんでぼくを信じてやってないのに、

ぼくの使命なんて見つかるんだよ。

僕を僕が信じるから

僕が僕を好きだから

僕が僕を心から大好きで愛してて

ヒーローだと思ってるから

そんなヒーローと夢見れるんだろ。

くそが。

そんなことも分からず使命さがしてたなんて

超笑える。

自分が自分のファンで

応援者で、味方で、大絶賛者で、恋してて。

それ以上になってるのが当たり前じゃないとダメなのにね。

あーあ。

僕には隠したい過去があるし、

否定したい自分もたくさんいる。

それでもいい。

でも、ちょっと声をかけてあげる。

でも案外、その過去も経験も、否定したいところも

案外最高だよ。

まじ最高だよ。

超絶最高だよ。

そういってあげれてはじめて自分と自分がひとつになる。

自分が自分と一つになる。

それが前提だよね。

それ以外に使命をみつける方法なんて絶対にない。

アルバイトで遅刻を繰り返して、「あなたは信頼関係を築こうとしない」と言われて、その言葉が強烈に響いています。

アルバイトで遅刻を繰り返して、ついに先日言われたことがあります。

「あなたは信頼関係を築こうとしない」

強烈に残っている言葉でした。

なぜなら言われた通りの人間だから。

今までずっと喉元に引っかかっているものがあって、そのせいで現実が上手くいかなくて、その原因が、人と信頼関係を築こうとしないということでした。

今回ストレートに言われたから気づけました。

 

 

信頼関係を築こうとしない理由は、傷つくのが怖いからでした。

こっちが寄って行って、ふんってされて傷つくのが怖い。

こっちが話しかけて、微妙な感じになるのが怖い。

こっちがなんか先にいいことやって、相手の反応がいまいちなのが怖い。

話しかけて、つまらなさそうにされるのが怖い。

こっちが心から信じて、心底信じて、その逆をされるのが、

そんなことされたこともないのに、すごく怖い。

 

そうやって怖がっていて、

ずっと一人でいて、気づいたことがありました。

これって、みんなも感じてることかもしれない。

 

 

でも人は人。

 

 

僕は、今まで信頼関係を築くことをもう真正面から避けてきた。

怖いから避けてきた。傷つくのが物凄く怖いから避けてきた。

そして、いま、微妙な状態の自分がいる。

人の温かみを僕はあまり知らないと思う。

だって心底人とつながったことないから。

だからずっと人を怖がってるまんまなんだろうね。

ある女性がフェイスブック

 

「一人の男性と深く深く結びつけるからこそ、

他の男性に対しての恐怖が薄れるのです。

他の男性をいとしく思えるのです。

信頼できるのです。」

 

と発信されていました。

 

はっとして、自分は人と深く結びつくような事を今までずっと避けてきたから

いつまでたっても人をいとしく思ったり信頼できないんだと思いました。

 

人を信じることが僕は苦手です。

信じてみようと何度も思ってそれを辞めてきた過去がある。

もういろいろ考えずに信じてみよう。もうそれしかない。

プライドが邪魔すぎる。プライドがものすごい重石なんだよ。それを捨てる。僕が「ここにいたい」と思う場所で捨て去る。それだったらやれる。

プライドを粉々に。

それだね

そのためにどうしよう

 

 

 

年下との関係

同い年との同僚との関係

先輩

気が合わない人

 

人間関係に苦労してきた

女性との関係

 

 

全部原因は、プライド

プライドを捨てたらいい

それしかもうない

ね。

 

 

 

 

プライドをすてる

プライドをすてる

プライドをすてる

 

やりたいことをやって

プライドをすてる

それだど楽しく捨てられる

楽しい環境に身を置いて

プライドを全部捨て去る

 

楽しい環境は自分が知ってる

そこで捨てる

自分の性欲やエロさを、けがらわしいとまだまだ思ってるよ。現実でしゃべりまくって解決だな。

やりたいこと

やりたくないこと

 

365日、違う女性とまぐわいたい

月1億純利益で稼ぎたい

ホテルにすむ

お手伝いさん3人やとう

秘書やとう

恋人10人ほしい

別荘を都道府県に3個ほしい

バイク、車、マウンテンバイク、セグウェイほしい

昼1時から仕事スタートしたい

月3日働きたい

外国に1つずつ家がほしい

海、山、川が近くにある家に住みたい

自分の子どもが5人ほしい

(女、おとこ、女、おとこ、女)

ファンクラブをつくりたい

オンラインサロン1000人にしたい

ラインライブやりたい

ショウルームやりたい

武道館でなにかやりたい

天下統一したい

人生相談カブシキカイシャつくりたい

セミナーしたい

ハプニングバーつくりたい

映画館作りたい

本屋つくりたい

服100着ほしい

靴100足ほしい

ルフィーになりたい

絵が半端なく上手くなりたい。東京ぐーる並に。

唄もうまくなりたい。斎藤かずよし並に。

 

 

 

出てこんもんだなー

多分あるんだろうけど、

忘れるんだろうな。

かなえられると思ってないから忘れられるんだろうし、

そんな大それた夢みたらあかんとか

そんな夢けがらわしいとか

いろいろあって削除してるんだろうな。記憶から。

 

 

 

 

特にエロは、けがらわしいと思ってる。

女性から嫌われることに、

極度の恐怖をぼくは感じてる。

これはむちゃくちゃでかい。

どうやったら解決するんだろう

きっと1年後には解決して

恋人10人で幸せな豊かな毎日になってるよ

 

 

 

で、

やりたいことはあと80個。

やりたくないことはあと100個。

 

 

井浪康晴にもどる

ホームレスになったら死ぬのか

地元の人に嫌われたら終わるのか

幼馴染に、職場の人に、

信用失くすような事をしたら

終わるのか。

人としてだめだろ

っていうことしたら終わるのか。

終わりかけるとは思う。

だけど、

それぐらいのことしないと、

自分には気付んだろ。

それぐらいのことしないと、

生きれないだろ。

それぐらいのことしてはじめて

生の実感がわくんだろ。

それぐらいのことしないと

気が済まなくなってる僕は、

いままでずっとずっとずっと押さえつけてきた証拠。

悪いのは全部自分。

抑えに抑えたからこんなになった。

だから、

いま、

やるべきことがある。

それぐらいのことをするんだ。

それぐらいのことをしてもいいんだ。

それぐらいのきょくたんなことをして、

自分に戻ってまた生きよう。

今度は見失わないから。

今度は自分を見失わないから。

今度は絶対にまっすぐ

嘘つかず

まっすぐ

まっすぐ

一直線にいくから。

だから、

自分に戻るために

やらせてもらう。

きっと

首に何てならないし

きっと

悪いことは全部おこらない

きっと全部大成功するよ。

確信出来るよ

もういやだ。

 

考えるのが嫌だ。

文章を整えるのが嫌だ。

感情タイプなのになんでそんなに考えるんだ。

そうやればやるほど

死んでいくのに、

やる気も何もかも奪われるのに。

考えるのは

大切だけど、

考えたら絶対にダメなときがある。

感情に任せて書いたらいい。

そのほうがどうかんがえても

何回考えてもいい。

 

 

 

感情タイプ。

ってことばすごくいい響き。

感情